logo_GRIOTGROOVE_yoko.png

© 2016 Griot Groove inc. all rigths reserved.

​Director

北田 清延

東京造形大学卒業後、株式会社セガに入社。退社後フリーランスを経て現在に至る。

 

映像作品は年々制作速度と物量、クオリティを求められています。それに応えることはもちろん、作り手としても「もっとこうすれば良くなるのに」と思えなければならないと感じています。
その時その時で、できる限りの技術とアイデアを投入して、よりよい映像作品ができるように日々邁進して行きたいです。

​Motion Director

三浦 正博

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、株式会社スカラベ、株式会社コーエー(現:株式会社コーエーテクモゲームズ)などでモーションデザインに携わる。

モーション専門のデザイナーとして、物の動きについて丁寧に観察するだけでなく、独自の想像力も持つように心がけています。また、モーションキャプチャと手付けモーションの両方の良いところを生かし、カメラワークや表情なども含めて、クライアントの要望に応える総合力を高めるように努めております。

​Director

横田 義生

web3D制作を経て、ロサンゼルスにてショートフィルムを制作。帰国後CMプロダクション、ゲーム会社、広告代理店などでCG制作に携わる。

様々な分野のCG制作に携わった場数の多さを強みにディレクション業務を担当。
CGに関しては常に前向きで新しい物好きを自負しています。また、コミュニケーションを大事にし、全ての仕事が次に繋がる様に心がけております。

​Motion Capture Technical Director

初海 健

専門学校時代にモーションキャプチャを使用した映像を見て、強いインパクトを受ける。それ以来、モーションキャプチャに携わるために、様々なアルバイトで現場経験を積み現在に至る。

クライアントからの要望を出来る限り取り入れたモーションキャプチャの収録方法を考え、高いクオリティのデータを安全かつスムーズに収録するように心がけています。
また、収録後のポスト処理に関しても出来る限り要望に対応できるよう努めております。

​Lead VFX Artist

篠塚 貴司

株式会社フロム・ソフトウェアにてゲームのCGムービー制作に携わる。その後アニマロイドに入社し、主にエフェクトを担当し現在に至る。

担当であるエフェクトやコンポジットは共同作業の中では最後の行程となるのでモデリングやアニメーションなど他の行程で作業された方の意図をできるだけくみ取り作品に反映できるよう心がけています。

​Director

戸田 貴之

大学卒業後、株式会社フロム・ソフトウェアのCGセクションで主にゲームの動画制作などに携わる。その後、株式会社博報堂プロダクツでは静止画や動画の制作に携わる。

オーダー通りのものを、いかに最短ルートで高いクオリティで制作できるかということが大切にしています。仕事によって目指すクオリティを変えるのではなく、そう心がけることによって、コスト意識や作業効率といった考えを持つことで、余裕のできた時間をクオリティの向上に活用できると考えております。

​Lead Animator

鈴木 裕久

スーパーファミコンのドット絵制作から、時代の流れで3Dゲームやゲームムービーなどに関わるようになる。30歳を節目に映像一本に絞ることを決意。

フレーム単位でのポーズやレイアウト、動きのメリハリなど気を使い少しでも観ている人の心に残るモーションを心がけています。また、CG制作はチームワークが大切となるため、データの引き渡しなど「見やすい・分かりやすい・使いやすい」など、他者の事を考えたデータ作成を努めております。

​Lead Modeler

中澤 元喜

大学を卒業後、遺跡発掘の仕事に就く。30才の頃、友人から誘われたことでCG業界に入る。

 

CG映像制作に携わった当初は、何の知識もない素人だったため仕事をこなすのは大変でしたが、周囲の方々の助力のもと、どうにか現在に至っています。
これからも、初心を忘れずクライアントに少しでも喜んでいただけるよう、ひとつひとつの案件に全力で取り組んでいきたいと思っております。

​Producer

松隈 喬平

大学卒業後、デジタルハリウッドにてCG制作を学び、広告制作プロダクションにて、TVCMなどの映像制作に携わる。

 

現在はアニマロイドにて世界が驚愕するCG映像作りに挑戦中。誰が見ても素晴らしい作品を作るだけでなく、会社として素晴らしいと胸を張って言えないと意味が無いと考えております。会社で起こるすべてのことが、作品に作りに直結すると思うので、ありとあらゆることにこだわりたいと思います。

​Producer

後藤 佑太

日本工学院八王子専門学校 CG科を卒業後、ポスプロ関連会社からセカンドライフ参入支援会社を経て現在に至る。

 

アニマロイドにお仕事を頼んでよかったと、思ってもらえるように常に心がけています。
またクライアントや社内のデザイナーが今何を求めているのか、念頭に入れて動くように努めております。

Producer / Directer

魚住 太郎

ゲーム開発会社数社にて、さまざまな立場で コンシューマーゲーム開発および遊戯機開発に携わり現在に至る。

 

お客様ニーズの追求を通じて、 多様なサービスに取り組んでまいります。

Directer

山﨑 和也

コンピュータ総合学園HAL CG映像学科を卒業。 卒業後は大阪のゲーム・遊技機関連会社に就職し、7年間遊技機映像の業務に携わる。 2013年にアニマロイドウエストに入社し、現在に至る。

 

主に、手付けアニメーション〜エフェクト〜コンポジットまでの業務を多く経験し、現在はウエストのディレクション業務を担当。

極端な話、ゼロからモノを生み出す業界なので、 どの作業工程でも、想像で作らなくてはならない場面が少なからずあります。 それを形にする為には、資料を集めたり調べたりもありますが、 その時々で、自分の中に明確なビジュアルや考えをもつ事が大事なので、 何事にも慢心せず、スキルだけでなく感性も日々磨くように努めています。